MainImage

2021.04.13更新

こんにちは!阿南歯科医院の衛生士 吉澤です!

4月、年度初めになりました。入学や入社などで新たな節目を迎えた方々、おめでとうございます。
私自身、娘が新しい環境に進むことになり 季節の変化と成長をしみじみ感じております。


成長といえば つい最近まで藤沢市では【2歳児歯科健診】というものが、コロナウイルスの影響により 集団実施ではなく地域診療所で個別に行われていました。
当院も個別診療対応の医院でしたので、昨年度からたくさんのお子様が健診を受けにお越しくださいました。

 

小児



実質2歳半すぎを中心に受診対象となるのですが、やはり2歳半はまだまだ難しいお年頃…。怖くなってしまったり、院に入ったときから泣いてしまう子もしばしば。

また、それくらい小さな子と接する機会も少ないスタッフやDrも 初めの頃は戸惑いが多かったと思います。

それでも徐々に経験を増やすうち、どのスタッフもしっかり対応できるようになったことを後半では感じました。コロナ禍という特殊な中 学びに繋がったのは良かったと思います。

 


ところで、1歳6か月児健診や3歳児健診は法的健診としてあるということを歯科衛生士学校で学びましたが、私は自分が子供を持つまでは このような2歳児歯科健診というものがあることも知りませんでした。


こちらの健診は市町村で実施されているものであり、他 さまざまな月齢を対象に設定されているそうです。

 

厚生労働省の調査によると、むし歯(治療済みを含む)を持つ子どもの割合が急激に減少している事が判明しています。例えば、昭和62年に6歳だった子どもがむし歯になる確率(乳歯・永久歯)は91%でしたが、平成23年に6歳だったの子どものむし歯率は42%で、24年間でむし歯率は半数以下に改善されたそうです。

 

小児2

 

また、上記 別のデータでもご覧のとおり、予防の普及により確実に虫歯の有病率・虫歯数は減ってきています。


虫歯だけでなく歯周病を防ぐには、検診が不可欠です。小児だけでなく、成人検診も市町村などが実施していますので そのような検診を足がかりにして 健康を保っていって欲しいと思います。


そして当院では 基本的に3ヶ月に一度ごとの検診をおすすめしております。今回の2歳児健診のような公的健診をきっかけに受診して、予防として検診を続けていただきたいですし、今回お子さんだけでなく 親御さんの予約も取って下さる方もいらっしゃいました。
こうして1人でも多く、歯科を受診する機会が少しでも増えて下さると、本当にありがたいと思います!

 

 


藤沢市 六会日大前 阿南歯科 歯科衛生士 吉澤

 

投稿者: 阿南歯科

2021.03.15更新

こんにちは。

阿南歯科 往診部の谷村です。

本日は 高齢者の口腔内についてお話しをしたいとおもいます。
年齢を重ねると体にはさまざまな変化が現れますが、それは口の中も例外ではありません。高齢者の口腔内で何が起きているか ご説明していきます。

●自浄作用が低下している
口の中には「自浄作用」があります。唾液の力で歯の表面や舌、粘膜に付いた汚れや細菌を洗い流し、清潔に保つというものです。しかし、身体機能が衰えて唾液の分泌量が減っている高齢者の口腔内は、自浄作用が低下している状態になっており、意識してきれいに保つ必要があります。

●虫歯や歯周病が多い
加齢によって歯茎が下がり歯の根元が露わになると、そこから虫歯になりやすくなります。また、高齢者の口腔内は自浄作用が弱まっているため、本来は唾液で洗い流されるはずの細菌が増殖し、歯周病にもかかりやすい状態です。加齢による免疫力の低下も、虫歯や歯周病菌が増える原因の一つです。

●治療跡や入れ歯が多い
高齢者は、虫歯や歯周病にかかった経験が多く、詰めものなどの治療跡が残っている人も少なくありません。また、歯周病で歯が抜けてしまい、入れ歯を使っている人も多いでしょう。詰め物をしている場合は、その下で虫歯が進行していることがあり、入れ歯を使用している場合は、入れ歯と粘膜の隙間に細菌が繁殖しやすくなります。

●味覚が変化する
人は、舌の表面にある味蕾(みらい)という小さな器官で味を感じます。しかし高齢者の場合、口の中の自浄作用が低下しているため、舌の表面に舌苔が付きやすく、味を感じにくくなったり、味覚が変化したりすることがあります。また、偏った食生活による栄養不足も、味覚障害の原因の一つです。

●口腔内が乾燥する(ドライマウス)
高齢になると、噛む力の低下や服用している薬の影響で唾液の量が減ります。唾液は口腔内を清潔に保つ役割がありますので、ドライマウスは虫歯や歯周病の進行、また、雑菌の繁殖による口臭の原因になります。

口腔機能が低下すると、「噛んで味わう」「飲み込む」といった動作をスムーズに行えなくなるため、十分な栄養を摂取できません。栄養不足状態が続くと、運動機能の低下や認知症の進行、さらなる摂食障害につながる可能性があります。口腔ケアは、歯磨きや口腔内の洗浄で歯周病などを予防するだけでなく、摂食トレーニングや誤嚥性肺炎の予防といった高齢者の身体機能の回復につながる内容も含みます。口腔ケアを適切に行えば、高齢者に「おいしく食べる」という生きがいを取り戻させられるばかりか、介護をする側の負担を軽減させることもできます。

 入れ歯

 

次に口腔ケアのメリットについてお話ししたいと思います。

●唾液の分泌を促進する
残留物や細菌で口腔内が不衛生な状態では、唾液が出にくくなり口の中が乾燥します。口腔ケアで口の中を清潔にすると、唾液の分泌が促進されます。また、歯ブラシなどで「唾液腺」を刺激することで、唾液腺の働きを活発にし、意図的に分泌量を増やします。唾液には歯や口の粘膜を保護したり、虫歯や歯周病を予防したりする役割があるため、唾液の量を増やすことは口腔ケアにおいて重要なポイントです。

●感染症や発熱を予防する
口の中にいる細菌の中には、表皮感染症や食中毒を引き起こす「黄色ブドウ球菌」、呼吸器感染症を引き起こすおそれのある「肺炎桿菌」など、全身疾患の原因となる菌も存在します。口腔ケアをしっかり行わないと口腔内が菌の温床となり、感染症や肺炎にかかりやすくなることがあります。口腔ケアには、感染症や発熱の予防という効果もあるのです。

●認知症を予防する
口を開けたり閉じたりして噛んで食べるという行為は、脳に酸素を送ったり刺激を与えたりするため、中枢神経を活性化し認知症を予防するといわれます。

●誤嚥性肺炎を予防する
嚥下(食べ物を飲み込むこと)機能が衰えると、食べ物や唾液が気管に入ってしまうことがあります。このとき、口腔内の細菌が肺に入って起こるのが「誤嚥性肺炎」です。口腔内の汚れや細菌を減らすことは、誤嚥性肺炎の予防につながります。誤嚥性肺炎は高齢者の命にかかわることもある怖い病気なので、しっかり予防することが重要です。

●口腔機能の低下を防ぐ
高齢者は、「噛む」「飲み込む」「呼吸する」「話す」「表情を作る」といった口腔機能全般が低下しやすい傾向にあります。口腔機能が衰えると、十分な栄養が摂取できなくなり、免疫力の低下や摂食障害につながります。口腔ケアを通して口腔機能を向上・改善すれば、体全体の健康の回復が期待できます。

 

阿南歯科では 訪問診療も行っております。

通院にて歯科治療を受けるのが困難になってきた、寝たきりでお口の中の状態がどうなっているのかが心配など、お気軽にご相談下さい。いつまでも美味しく 安全にお食事を取ってて頂く為にも是非、 阿南歯科往診部にご依頼くださいませ。お待ちしております。
藤沢市 六会日大前 阿南歯科 谷村

投稿者: 阿南歯科

2021.03.02更新

みなさん、どうもこんにちは!

藤沢市亀井野にある阿南歯科医院 受付近藤です!
突然ですが、みなさんは、
「噛ミング30運動」をご存知でしょうか?
タイトルにもある通り、読み方は「カミングさんまる運動」です。

こちらは、食育を推進するキャッチフレーズで
厚生労働省で、一口30回以上噛むことを目標とした
「噛ミング30(カミングさんまる)」運動を提唱しています。

30回というのは、窒息防止や五感での味わいを考慮し、
従来から噛む回数の目途とされている回数だそうです。

ブログ1

また、「ひみこのはがいーぜ」という言葉をご存知でしょうか?
こちらも、噛むことの効用を表す食育ワードだそうです。

「ひみこのはがいーぜ」にはどんないい事が隠されているのでしょうか?
一緒に見ていきましょう!

まず、

「ひ」肥満予防
よく噛んで食べる事で脳にある満腹中枢が働いて、食べ過ぎを防げます!

「み」味覚の発達
よく噛んで味わう事により、食べ物の味がよくわかります!
よって、減塩に繋がります。

「こ」言葉の発音がはっきり
   よく噛む事で、口の周りの筋肉が使われます。
   綺麗な発音ができたり、表情が豊かになります!

「の」脳の発達
   よく噛む事が脳細胞の働きを活発にします!
   認知症予防に役立ちます。

「は」歯の病気を防ぐ
   唾液がたくさん出て、虫歯や歯周病を防げます!
   よって、歯の生存率アップで、歳をとっても
口から食事ができる事に繋がります。

「が」がんの予防
   唾液の酵素が発がん物質の発がん作用を消す働きをしてくれます。

「い」胃腸の働きを促進
   よく噛む事で、消化酵素がたくさん出て、消化を助けます!

「ぜ」全身の体力向上と全力投球
   力いっぱい遊んだり、仕事したりする活力がわきます!!!

 

一口、30回以上噛むことにこんないい事がたくさんあったなんて、
みなさんはご存知でした?
私は知りませんでした。

弥生時代の卑弥呼の1回の食事の噛む回数が、
約4000回とされており、
その当時の食事は固いものばかりで、
今よりも6倍も噛む回数が多かったそうです。
おそらく卑弥呼は良い歯や、歯ぐきをしていたと想定されて
この言葉ができたそうです。

ぶろぐ2

 

また、早食い習慣のある人ほど、肥満度が高いことも
報告されているそうです!

わたしも早く食べてしまう習慣があるので、
今日から気をつけていこうと思います。
また、こういった対策は
小さなお子さまとも一緒にできますよね!

例えば、
小さく刻んでいた食べ物を少し大きめに切って、
噛む回数を増やしたり、よく噛む事で食べ物が細かくなり、
飲み物で流し込まなくても、自然と飲み込めるようになるそうです。


噛む事は健康の第一歩!!

よく噛んで、おいしく味わって食べることにより、
食事の満足感が得られます。
ご自身の健康のためにも、一口30回以上噛んで、
一緒に健康への道を手に入れましょう!!

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

藤沢市 六会日大前 阿南歯科 受付近藤

投稿者: 阿南歯科

2021.02.11更新

 

こんにちは歯科衛生士の相原です。
寒かったり暖かかったりとなんだかいったり来たりな陽気ですが皆様体調など崩されてませんか?

今日は歯周病と全身疾患について少しお話しさせて頂きますね!

歯周病と言うと口の中だけの小さな病気とおもわれがちですが、最近歯周病と全身の主要な疾患との間に深い関係があることがわかってきたのです!

ここで歯周病と関係のある全身疾患についていくつか挙げていきますね。

⭐︎糖尿病
こちらはある程度世間に浸透している感じはありますが、、、
歯周病を放置しておくと糖尿病は発症しやすくなる、ないし悪化しやすくなります。
これは歯周病により産生される炎症性の物質が血糖値を下げる働きを攻撃して血糖値を下げにくくしてしまうことに原因があると言われてます。

⭐︎心臓病
歯周病菌が歯肉から血管を通り心臓に移動し血管壁に炎症させ動脈硬化をおこし、狭心症や心筋梗塞の引き金になります。
実際、動脈硬化の部分から数多くの歯周病菌が発見されています。
同様の現象が脳血管でもおこり脳梗塞等の脳血管障害を引き起こしやすくなります。

⭐︎アルツハイマー病
歯周病菌がアルツハイマー病を悪化させる一要因になることが報告されてます。
アルツハイマー病の要因となる特殊なタンパク質の産生を促進してしまう働きがあることが明らかになっています。

⭐︎呼吸器系疾患
昨今コロナにより日本だけでなく世界的に沢山の方々が苦しい思いをされているかと思います。
歯周病と呼吸器の病気との関係も盛んに取りざたされていますが、歯周病菌を含んだ唾液が気管支から肺に入り込むと、肺炎を起こすことがあります。
特に高齢者の場合、唾液の誤嚥をしやすいため、細心の注意と歯周病の予防が必要です!


この他にも早産や低体重児出産など色々な疾患に歯周病菌が影響します。

昔から全身疾患に罹ると免疫力が低下して歯周病が悪化すると思われきましたが、最近、多くの研究から歯周病にかかると、その後に全身疾患にかかりやすくなる、もしくはかかってしまうということがわかってきました。
そうです!
まさに歯周病は命に関わる病気なのです!!

歯周病を予防、治療することからご自身のお身体を健康にしていきませんか?

あ
阿南歯科では定期的な検診、メンテナンス、予防処置も行っております。
お気軽にご相談下さい。

 

投稿者: 阿南歯科

2021.01.31更新

こんにちは。阿南歯科、歯科衛生士の八木です。
1月下旬の厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 
本日はよく患者様から質問される「歯ブラシの選び方」についてお話ししたいと思います。
薬局で歯ブラシを買うとき、種類が多くてどれを選べばいいか分からない~という方も多くいると思います。
毛の硬さがやわらかめ~かためまであり、毛先の種類も平らでフラットなものや毛先が細くなっているもの、ヘッドがコンパクトなものから大きめなものなどさまざまです。
実際は個人のお口の状態によって選択する歯ブラシは変わってきますので、自分のお口に合った歯ブラシを選択することが重要です。
 
・お子様や健康な歯肉の方

あ

歯ブラシを横から見て、フラットなタイプのフラットラウンド毛が適しています。
このフラットラウンド毛は小さなお子さんや健康な歯肉の方に適しています。
歯肉を痛めにくく、歯面への高いプラークコントロール性があるので、しっかりブラッシングが可能です。
毛の硬さは柔らかすぎると歯肉には優しいですが歯面の汚れが取れにくく、硬いと汚れは取れやすいですが歯肉や歯面を傷付けてしまいやすいので、「ふつう」の硬さがおすすめです。
 
・歯肉が腫れている方

あ

歯ブラシを横から見て先端に向かって細くなっているテーパード毛が適しています。
このテーパード毛は毛先が細く、歯周ポケットに毛先が入りやすいため歯肉が腫れている方に適しています
しっかり磨こうと強い力で磨いてしまうと、チクチクして痛いと感じてしまうので優しい力で磨くことが大切です。
また、歯肉が腫れている人は炎症が起こっているので歯磨きをすると出血をする方もいると思いますが、出血をしてしまうからと言って磨かないとどんどん汚れが溜まってしまい歯周病が進行してしまいます。
最初は出血していても歯頚部(歯と歯茎の境目)をよく磨き汚れを溜めないことが大切です。
 
・コンパクトヘッド、薄型ヘッド

あ

このような歯ブラシは親知らずまであり奥まで歯ブラシが上手く届かない、ほっぺたが硬くあまり伸びない、お口が小さい方などにおすすめで狭い口腔内のすみずみまで磨くことが出来ます。
普通の歯ブラシに比べて、コンパクトなので小さく動かしながら磨くことがポイントです。小さく動かして一本ずつ丁寧に磨くことはどの歯ブラシにも共通して言えることなので意識してみるといいですね。
 
 
 
自分のお口の状態にあった歯ブラシを選び、健康な歯肉を目指しましょう。
紹介した歯ブラシは当院で販売もしておりますので、分からないことがあれば気軽にスタッフにお声がけください。

あ

   ①                 ②                ③

 

 ①薄型ハブラシ ②スーパーテーパード毛  ③ラウンドフラット毛
 
藤沢市 六会日大前 阿南歯科 八木

投稿者: 阿南歯科

2021.01.16更新

こんにちは、本日ブログを担当させて頂きます岩本です。
本日はお口の中の環境が、全身の病気に大きく関与しているというお話になります。
 
かつては、虫歯、歯周病や歯の喪失などは、歯が痛くなる、物が食べられなくなる、見た目が悪くなる、口が臭くなるなど口の中だけのトラブルとして考えられていました。
さらに昔に遡ると、歳を取ると歯がなくなるのは当たり前などいう時代もあったと聞きます。
 
ところが近年の研究により、お口のトラブルは全身疾患に大きく関わっている事が分かって来ました。
 
例えば、歯周病がある人の全身疾患リスクと、歯周病がない人とのリスクを比較すると
 
がん 1.24倍
脳梗塞 1.63倍
狭心症 2.11倍
糖尿病 1.98倍
早産・低体重出産 3倍
 
のリスクがあるとの報告があります。
 
また
愛知県知多半島で65歳以上の方を対象に4年に渡り追跡した研究では
歯を失い、入れ歯を使用していない場合
 
認知症のリスクが1.9倍
転倒リスクが2.5倍
 
保有する歯が19歯以下の人は20歯以上の人と比較して
要介護認定を1.2倍受けやすい
とのデータも出ています。
 
記憶に新しいところでは2020年10月に九州大学研究チームが
歯周病の原因菌やその毒素が脳に蓄積され認知症の原因物質が作られる
との発表もありました
 

ひと 
 
他には、歯を失いよく噛めずに早食いをする事によりメタボの原因の一つになっている、歯を失い咀嚼嚥下機能の嚥下機能の低下により十分な栄養が取れなくなり高齢者のサルコペニアやロコモティブシンドロームにつながる事もあります。
メタボと低栄養、意見すると反対に見える健康状態にも共に関与していたりもします。
 
この様に、歯周病になったり、歯を失う事は、お口の中だけの問題だけでなく全身の病気に大きく関わっています。
なお、単純に比較する事は出来ませんが、2016年国立がん研究センターより受動喫煙による日本人の肺がんリスクは約1.3倍との報告がありました。
分煙や禁煙が常識となるくらい知られているタバコのリスクを考えると、歯周病や歯の喪失がいかに全身の病気に影響を与えているが分かりやすいかと思います。
 
実際、厚生労働省の
「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針」では
栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙と並んで
歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境の改善が掲げられています。
 
いかがでしょう
何気なく毎日行う歯磨き、3か月に一度が目安の歯科定期健診
これらは、単純に虫歯予防を超えた重要な将来の健康や生活に繋がる行為になるのです。
 

投稿者: 阿南歯科

2020.12.08更新

こんにちは!
阿南歯科、歯科衛生士の三上です。

今年もあっという間に過ぎ、今月で2020年も終わりとなります。
今年は新型コロナの影響もあり、例年になくとても大変な1年となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は12月までホームホワイトニング半額キャンペーンを行っている
「ホワイトニング」
についてお話させていただきたいと思います。

ホワイトニング1

当院で行っているホワイトニングには2種類あります。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニングとは
専用の薬剤とライトを使って歯科医院で行うホワイトニングです。

簡単な流れとしては、
①歯の清掃を行い、汚れを落とします
②開口器(お口を開けたままに保つ器械)を装着し、薬剤が歯肉につくことを防ぐために歯肉の保護、防湿をします
③ホワイトニングの効果を高め、より白い歯にするために、リアクターという材料を、歯の表面に塗ります
④オフィスホワイトニング材(35%過酸化水素含まれています)を歯の表面に塗ります
⑤LEDライトで照射をします(12分)
⑥ホワイトニング材を除去します
上記④~⑥を繰り返し3回行い終了となります


注意点としては
過酸化水素を使用しているため、治療中に知覚過敏が応じる場合があります。

ホワイトニング治療は永久的なものではないため、日が経つにつれ、白さは薄れ、もとの色に戻っていく傾向があります。
ホワイトニングは自費診療となるため、保険適用外となります。

ホワイトニング2

次にホームホワイトニングです。

ホームホワイトニングは型をとってその型に薬剤を流し込み、家で行うホワイトニングです。

ホームホワイトニングの流れは
①来院していただき、上下の歯の型取りをさせていただきます
②とった型をもとにマウスピースを作製します(通常2週間ほどお時間をいだきます)
③マウスピースとホームホワイトニング専用の薬剤(10%過酸化尿素)をお渡しし、使い方の説明、注意等をさせていただきます。

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング共にしみや、

色味の変化を見るためにお口の中のお写真をお撮りし、確認のために2回ほど経過で来院していただきます。

また、ホワイトニング直後は歯の表面を覆っている、

ペリクルというバリアーが除去された状態になりますので、歯の表面が脱灰されやすく、

色素が沈着しやすいので、酸性の飲み物(炭酸飲料)やカレー、ビーフシチューなどのように、

色の濃い着色がしやすいような食べ物や、喫煙も避けていただく必要がありますのでお気をつけください!

 

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング片方のみを希望することも可能ですが、

どちらも併用していただくことでより効果を実感していただけると思います。

 

結婚式、成人式など大事なイベントに向けて短期間で早急なホワイトニング効果を望まれる場合は、

オフィスホワイトニングがオススメです!

ホワイトニング3

1年の終わりに歯も綺麗にして、新年を迎えませんか?

少しでも興味がありましたら、スタッフに一言声をかけていただければ、

無料でカウンセラーからお値段や詳しい説明などお話のみも可能ですので、気軽にお声がけください!

 

藤沢市 六会日大前 阿南歯科 三上

投稿者: 阿南歯科

2020.11.25更新

blog
こんにちは、阿南歯科の篠原です。

11 月も下旬に差し掛かりより一層肌寒さを感じる様になってきましたが皆さん体調など崩されていないでしょうか?
世間では新型コロナウィルス感染症(COVID -19)の第三波到来と騒がれており日々の感染者数が増加傾向にあり、依然気を抜けない状況が続いおります…

さて今回のテーマは「フッ素」についてお話ししていきたいと思います。
フッ素は虫歯の予防に効果があると聞いた事があるかと思いますが、いったいどの様な物なのでしょうか?元素記号では「F」と表記されます。そして「ppm」という単位が用いられます。(1/100万)フッ素というと歯磨き粉に含まれいるやつね!と思う方もいるかと思いますが、
意外と身近な物にも含まれているのをご存知でしょうか?

フッ素

 

このフッ素ですが日常生活でも無意識のうちに含まれている物を摂取しているんです。食品では牛肉、魚介類(特にイワシ)果物(ミカンやリンゴ)野菜(大根やニンジン)等に含まれています。あとは緑茶等にも含まれているため、知らないところでフッ素を摂取しているんですね!
もちろん皆さんがお使いの歯磨き粉にも入ってる物がほとんどだと思われます。
歯磨き粉には「フッ化ナトリウム」として配合されています。

ではどの様な効果が期待できるのでしょうか?
歯の表面というのはエナメル質というとても硬い組織で覆われていますが、虫歯の原因菌が産生する酸により簡単に溶けてしまうため、フッ素により表面をコーティングする事で歯質を強化する働きがあります。(歯質強化)
また、虫歯の原因菌の活動を抑制し、酸産生能を低下させる働きも有ります。(菌抑制)
そして、初期虫歯により脱灰してしまった歯の表面を修復してくれる働きも持っています。(再石灰化)

利用方法として代表的なものはフッ素塗布、歯磨き粉、洗口法といった物があります。
フッ素塗布は当院でも高校生までを対象としたキッズクラブに入会された方に塗布を行っております。定期的に塗布をする事で虫歯予防の効果が期待されます。
日本の歯磨き粉の90%以上にはフッ素が配合さ            
れています。濃度の上限が改定され現在では国       
際基準の1500ppm以下(薬用歯はみがき類製造販売承認基準)となったため市販の歯磨き粉では1450ppmまでの物が売られており、子供用では900ppm、500ppm、100ppmの物があります。歯磨き粉を使った後は何回もお水で口をゆすがず、1〜2時間は飲食を控えると良いでしょう。また就寝前に行うとより効果的と言われています。
洗口法には毎日法(250ppm)と週一回法(900ppm)というのがあり低濃度のフッ素が含まれている水溶液で口をゆすいでもらうことで歯にフッ素を作用させます。

 

フッ素

最後になりましたが、フッ素塗れば虫歯ができないという訳では有りませんので普段からの歯磨きやフロスが重要となってきます‼︎
当院では歯磨き指導も行っておりますので磨き残しの確認や歯ブラシの当て方、フロスの使い方など一度確認してみてはいかがでしょうか?

藤沢市 六会日大前 阿南歯科 篠原

 

投稿者: 阿南歯科

2020.11.04更新

こんにちは、阿南歯科の神田です。
11月に入り秋も一段と深まり、体調には気を遣う毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。

 

毎年11月に入ると、少しずつインフルエンザの患者さんも増え始めてきます。

そこに今年は新型コロナウイルスの流行と、予断を許さない状況が続きますね。

今年は新型コロナウイルスが流行しているため、なるべく感染を避けるために

病院へ行くことをやめてしまう方も多いかもしれません。
現状、小児科などでは乳児予防接種の受診率の低下が問題視されています。

私にも1歳になったばかりの娘がおりますが、

生後5ヶ月頃に新型コロナウイルスの流行がはじまり不安だった覚えがあります。

しかしコロナウイルスばかりを心配し、

本来行うべき予防接種をせず他の感染症に罹ってしまっては意味がないと思い、

予防接種や健診には予定通りしっかり受診しています。

検診①

では皆さん、歯科医院においての予防はどう考えていますか?
「虫歯、歯周病の予防のためだけなら、

とりあえず自宅での歯磨きを頑張って感染症が落ち着いてから行けばよいだろう…」
そんな風にお考えになる方が多いのではないでしょうか?

 

申し訳ありませんが、それは間違えです!!

 

実はすでに口腔ケアはウイルス感染症予防に効果的であるという研究結果があります。

例えばインフルエンザ
研究概要は
・デイケアに通う65歳以上の高齢者をAグループ(98名)、Bグループ(92名)の2つのグループに分けます
【Aグループ】
歯科衛生士が口腔内のケアを週に1回、6ヶ月に渡り実施
【Bグループ】
これまで通りセルフケアを実施

その結果…
インフルエンザ発症者がAグループはなんとたった1名、Bグループでは9名だったというものです。

口腔ケアを行うことで発症率が10分の1にまで減少できることが分かっています!!

 

通常、気道の粘膜はタンパク質に覆われていて、ウイルスが簡単に付着しないようになっています。

ところがそのタンパク質が破壊された状態でウイルスが口腔内に入ってくると、

ウイルスが気道の粘膜に付着して大増殖します。
この気道の粘膜を守っているタンパク質を破壊するのが【歯垢、歯石、舌苔などから発生する酵素】と言われています。

 

検診②

この研究結果のポイントは「専門知識を持った歯科衛生士が歯垢や歯石をきちんと除去した」ということです。

 

自宅で歯磨きをしただけでは口腔内の細菌は減少せず、予防効果は高まりません。


歯科医院では日常の歯磨きでは取れない汚れも専用の機械です取り除き、確実に細菌を減少させることが可能です!

 

またインフルエンザだけでなく今年みなさんが心配されている新型コロナウイルス予防にも同じように口腔ケアは有効であるといわれております。


少しでも予防につながるのであれば、流行期だからこそしっかり受診する必要があるのです!!

検診③

もちろん病院へ行くことに不安な方もいらっしゃるかと思います。
当院での主な感染対策として
①スタッフや患者様への検温
②マスク、フェイスガード、サージキャップ、防護服を着用し、グローブは患者様ごとに交換
③すべての器具やハンドピースを個包装にして滅菌
④定時に医院内全体の消毒
などを行っておりますので、どうぞご安心してお越しください。

藤沢市 六会日大前 阿南歯科 神田

投稿者: 阿南歯科

2020.10.11更新

こんにちは!
阿南歯科医院のカウンセラーとして勤務しております山本と申します。
本日は乱筆乱文ながら、私がブログの担当をさせて頂きますので最後までよろしくお願いいたします。、

10月も半ばに差し掛かり、暑さも和らぎ大分過ごしやすくなってきましたね。
皆様風邪や今流行のウイルスなどにかかっていませんか?


さて、これは私が何年か前に動物園へ行った時のお話です。
シマウマがいる檻に近付いて、かなりお顔のアップの写真を撮ることが出来ました。
その撮れた写真を見て、私は驚きました!
この写真を見てください!
この、下の歯です!

山本さんブログ1

山本さんブログ2

 

歯科関係者の私としては、この、歯の中(神経のある歯髄と呼ばれる部分)がこんなにもたくさん見えてしまっていることに大変衝撃を受けました。
そしてすぐに気付きました、これは咬耗だと。
みなさん聞きなれない言葉だと思います。
彼らは草食動物で、草などの葉っぱを、上下の歯を横にスライドしながら動かすことですりつぶしながらご飯を食べています。
その力が強すぎたり、何十年も繰り返したりすることで、上のシマウマさんのように歯の中が見えてきてしまいます。
それを咬耗と呼びます。

しかも、ここまで行くと絶対に、痛かったりしみたりするはずです・・。
だって歯の中には神経があって、それが丸出しになっているようなものですから・・。
このシマウマさんがどう感じているのかわかりませんが・・。


これは、人間にも全く同じことが言えます。
噛む力が強すぎたり、歯ぎしり食いしばりをしていると、あのシマウマさんのようになってしまいます。
実際にそのようになっている方もたくさんいらっしゃいます。

人間は本来、上下の歯は常に離れているものです。
舌が上の歯のアーチの中に収まり、ほんの少し、肉眼ではわからないくらい離れているのがベストな状態です。

でも頬杖をついたり、ぐっと力んだりすれば食いしばりますし、寝ているときに歯ぎしりをする人もいます。
中には日中、デスクワークなどの仕事でも集中して食いしばってしまう人もいるかもしれません。
するとどうなるか。

食いしばったり歯ぎしりしたりすると、歯には自分の体重の5倍~15倍の力がかかると言われています。
成人男性60キロの体重の人なら300~900キロ、1t近くにもなるわけです。
しかも歯、1本1本に、です。
どう思いますか?
あんなに小さな私たちの歯1本1本に、人によっては1tもの力が毎日かかっているんですよ?
負担にならないはずないですよね?
歯も悲鳴を上げます。
歯が抜けてしまう原因になったり、あのシマウマさんのように歯が削れてしまって、しみる、痛いなどの症状に繋がる可能性も十分にあります。

そうならないために、歯ぎしり、食いしばりをやめる必要があります。
日中は出来るだけ歯と歯を離すように意識する。
気付いたら離す。

問題は夜です。
寝ている間、無意識の時。
これは一番厄介です。
日中よりも力は強く、長く、歯を当ててしまいます。
防ぐには意識するしかないですが、寝ている間のことなので到底無理です。
じゃあどうしたらいいか。
もう物理的に防ぐしかありません。
そう、それが、先生たちがよく言う、マウスピースです。
マウスピースがあれば、歯への直撃のダメージは防げます。
ちょっと寝にくいかもしれませんが、ほとんどの方は歯ぎしり食いしばりをしていると言われています。
心当たりの方は是非、マウスピースを作ってみてはいかがですか?
保険適用で作ることができますので、ご興味のある方は一度先生に相談してみてくださいね!


では、長くなりましたが、これで失礼させて頂きます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

藤沢市 六会日大前 阿南歯科 トリートメントコーディネーター 山本

投稿者: 阿南歯科

前へ
インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent 歯医者の選び方2019年