MainImage

歯周病

歯周病は30代の方の8割がかかっている生活習慣病です。

症状がなかなか現れずに進行していくので、歯みがきの時に出血する、舌で押すと歯が動く、口臭が気になるといったことに気付いた時にはかなり重い状態になっていることが多く、歯を失う大きな原因になっています。

自覚症状がない場合にも30歳を超えたら定期的に健診を受け、日頃のご自宅でのお手入れでは取りきれない汚れを徹底的に落とすことで、症状を進ませることなくいい状態を長くキープすることができます。

また阿南歯科では、重症化した歯周病にはエムドゲインなどの再生治療も行っています。


気になる症状がある方はお早目にご相談ください。

歯周病対策 PMTC 歯科プロフェッショナルによる徹底的なケア

1~3ヶ月に1回、歯科医院での定期検診を受けましょう。

むし歯や歯周病は初期段階では自覚症状がありませんし、痛みを感じた時にはかなり進行してしまっていることがほとんどです。

症状が重くなってからでは、治療も機能回復も大変です。お口の病気を未然に防ぎ、もしかかってしまっても早い段階で解決できるよう、定期検診と予防処置を阿南歯科ではおすすめしています。

3か月に一度定期検診をお受けください。

インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent