MainImage

インプラント

10年保証。安心、安全、 正確なインプラント治療。

阿南歯科では、スイスのストローマン社製の「ITIインプラント」を使用しています。ITIインプラントは、長い歴史と高い信頼性から、世界中で支持されているインプラント。

顎の骨との結合性が高い特殊な表面処理により、従来のインプラントに比べて顎の骨との親和性が非常に高く、しっかりと結合するのが特長です。

また、他のインプラントほど深く埋め込む必要がないので、顎の骨が薄い日本人により向いた製品だと言えます。

インプラント治療の取り組み方

失った歯を補うための治療法のひとつが、インプラントです。顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工歯を取り付け、噛む機能の回復を図ります。

天然歯と同じ「歯根」を持つ構造なので入れ歯のような違和感がなく、ご自分の歯のようにしっかりと噛めることが特長です。

また、素材には生体親和性(人体へのなじみやすさ)の高いチタンが使われており、顎の骨としっかり結合しますし、アレルギーを起こす可能性もありません。

メリットとデメリット

インプラントは合う方には理想ともいえる治療法ですが、入れ歯やブリッジを入れた場合よりさらにしっかりと口腔内の清潔を保つ必要があり、また外科手術を伴うためリスクもないとはいえません。

最短でも3週間かかるという治療期間もデメリットだと言えます。当院では患者さまがインプラントの特性についてしっかりご理解され、治療をお望みになり、歯科的にも問題がないとわかった場合にのみ、治療を行っています。

また、インプラントの治療費は1本あたり35万円ほどかかります。決して安いものではありません。

インプラントは天然歯と見分けが付かないほど自然な仕上がりで、また「歯根」を持つ構造であるため、ものをしっかりと噛みしめることができます。

たとえばご自分の指を失ったとして、同じ見た目と機能を回復できたらその費用はむしろ安いと思う方が多いのではと思います。それと同じように、歯を失って、自由に噛むことができないもどかしさをお感じになるのであれば、インプラントはおすすめできます。

「自分の歯でしっかり噛める」という、当たり前のような幸せを再び取り戻す方法が、インプラント治療なのです。

噛むことの重要性

『噛む』ことは健康上の基礎です。

しっかり噛めない場合、どうしても各種の栄養が不足しますし、胃腸にも負担がかかります。
噛むことで唾液の分泌もよくなりますし、食べすぎる心配が少なくなりダイエット効果もあります。

さらに、噛むことは脳の活性化にも大きな役割を果たしています。

CTについて

阿南歯科では、インプラント治療に精密な3D画像で正確に確認できるCTでの診断が不可欠なものだと考えています。

そのため、最新鋭のトロフィーパンプロというCTを導入し、インプラント治療に適合しているか、骨を増やすなど補助的な手術は必要か、そしてインプラントを打ち込む深さや角度の確認などをトータルで行っています。

こんな方にお勧めします

入れ歯で不自由だとお感じになる方や、QOL生活の質を上げたいとお考えの方に、インプラント治療をおすすめしています。

「先生、いくらかかってもかまいません。もう一度、前歯で思いきりトウモロコシにかぶりつきたいんです」こう言って来院された患者さんがいらっしゃいました。その方は入れ歯を使っていて特に不自由はされてないようでしたが、大好きなトウモロコシを昔のように気持ちよく食べることはできなかったようです。

「いくらかかってもいい。何年ももたなくてもいいんだ。ただ、子どもの頃のように前歯でトウモロコシに無心でかぶりつきたい」と本気で訴えてくるその方の熱意に圧倒されました。

そして、やはりいくつになっても食べることは人間の根源的な生きる喜びなのだと改めて実感させられました。

「トウモロコシにかぶりつきたい」というその願いに応えるため、さっそく治療計画を立て、しっかりご説明してご理解いただき、インプラント治療を開始しました。幸い、顎の骨の厚みや口内環境に問題がなかったためスムーズに治療が進み、4ヶ月後には希望されていた通りのしっかりとした前歯インプラントが完成しました。

うれしいことにその後、念願のトウモロコシを口にされた喜びをお手紙でご報告いただきました。

患者様の声

60歳 男性 インプラント症例

虫歯がいたくて物が良く食れなかったから、インプラントにした。治療を受ける前は不安が一杯でした。受けている間は本当にうまく行くのか、大丈夫だろうか、ちょっぴり不安があった。終わってからは、治療前とくらべても今では何でもおいしく食べられる。固い物から粘る物までおいしく食べられるのが一番です。ありがとうございました。

 

65歳 女性 インプラント症例

長い間大変お世話になりました。入れ歯の期間が長かった為、今回インプラントの説明をお聞きして、実行したいと思いました。細かいお話をきいて多少不安はありましたが、院長先生、皆様がとても親切・丁寧に取り組んで下さいまして、ほっとしました。お陰様で、何でも食べられる様になり、とてもうれしく思いました。皆様の対応、感じよく安心して治療できました事お礼申し上げます。今後もよろしくお願い致します。ありがとうございました。

 

70歳 男性 インプラント症例

<経緯>義歯を装着していたが、どうしても前後の歯に負担がかかり傷んできて抜歯する事態となった。更に連鎖して他の歯にも及んでゆくことを防ぎたかった。親族や知人でインプラント治療を受けているものがおり、関心を持っていた。

<治療を受ける前の気持>他の疾患で手術をした経験がなかったため、不安は大きかった。先生の説明のほか、インターネットや関連図書で情報収集し、また、経験者の感想も聞き、熟慮した。木本信之著「インプラント治療で快適・安心」(NHK出版)が参考になった。

<治療を受けている間の気持>決断してからは、先生を信頼して委ねた。ブラッシングから始まる事前の指導や検査は、聴取した他の経験者の場合と比べ、周到であったと感じている。

<治療前と比べての変化、良かった点>義歯と異なり、自分の歯と変わらないと感じている。味覚は単に舌の味覚や嗅覚だけでなく、歯槽骨などを通じて伝わる食物の感触も味覚の重要な要素だと気付かされた。ナッツ類を噛んだ時など殊に感ずる。インプラントの日常の手入れも特に負担には感じていない。

治療の流れ

インプラント治療をご希望される方には、まずインプラント治療が適合するかどうか、しっかりとチェックを行います。

その後、じっくりカウンセリングを行い、メインテナンスについてもあらかじめきっちりお伝えしています。

カウンセリングでメリットやデメリットなどをしっかりお伝えした上でご同意をいただいたら、実際の治療に入る前にメインテナンスについてご説明し、トレーニングを受けていただいた上でケアを実際にしばらく続けていただきます。

インプラント治療をした方にとってメインテナンスはとても重要です。

ですから当院では、メインテナンスがきちんと行えるようになってから実際の治療をスタートさせるシステムを取っています。

インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent