MainImage

新型コロナウイルス予防における当院の対策について

新型コロナウイルス予防における当院の対策について



現在、世界で猛威をふるう「新型コロナウイルス」は、日々感染者増大等のニュースで世間を騒がせています。

特に基礎疾患のある方、免疫力が低い方は、重症化しやすい傾向にあることから当院といたしましても、

下記のような対応を取り診療時の予防に努めて参りたくお知らせいたします。

 

《予防・感染対策》

・歯科医師、歯科衛生士、歯科助手等、スタッフの登院時の体温を確認
 37.5度以上の人間の登院は行わず帰宅させる
・うがい、手洗いの実施
・ アルコールスプレーによる洋服等の除菌
・ 患者様のお口に入る治療器具は医科用の世界基準となるクラスBのオートクレーブ滅菌器134〜135°で滅菌。他、高圧蒸気滅菌器全5台を使用して徹底的に感染対策をしております。
・ グローブ、エプロンも当然ですがディスポーザブルを使用し患者様ごとに変えております。
・来院患者様の体温測定およびアルコールによる手指の消毒、治療台でのうがいをご協力いただきます。

 

 

《歯科衛生士による口腔ケアは予防効果があります!》

新型コロナウイルスの予防策として、現段階ではインフルエンザウイルスと同じ予防法を徹底するよう厚生労働省からも通達があります。
そして、インフルエンザの予防法の一つに「口腔ケア」の有用性が上がります。
研究結果では、歯科衛生士が口腔ケアに介入した場合は介入していない場合に比べ10分の1までインフルエンザ発症率を軽減したと報告があります。
よって新型コロナウイルス肺炎予防とて口腔ケアの重要性が増しています。
また、米国CDC(Centers for Disease Control and Preventionアメリカ疾病予防管理センター)ガイドラインにも肺炎予防対策のひとつに「口腔ケア」が明記されており、先進国において口腔ケアの重要性は議論の余地がないものとなっております。

 

普段の感染対策にましてウイルスを持ち込まないこと。
上記取り組みを実施し院内感染防止を徹底すること。
これまで同様に専門的な口腔ケアを受けることはインフルエンザ、コロナウイルス等の予防に効果が期待できることをご理解いただければ幸いです。
またご家族、ご友人でご心配されている方にもお伝え頂けると助かります。

 

インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent 歯医者の選び方2019年