MainImage

2017.02.11更新

こんにちは!Dr.の岡田です。

 

私は肩こりが中学生の頃からひどく、接骨院に通いはほぐしと慢性的になやまされておりました。

気づいたら右の肩を自分で常にさわってるような日々で…

 

 

しかししかし!

マウスピースの作製をすることで自分の噛み合わせの異常をみつけ、同僚の萩原先生に1本の歯の早期接触(カチンと噛んだ時に他の歯より早くあたってしまう噛み込みの歯)がわかりました。

十秒くらい少し削ってもらったことによりとてつもない改善がみられたのです( ゚艸゚)

最近は肩こりどうこうがほとんどないんです!!

 

マウスピースを作り、調整をしていくことで筋肉の痛みがなくなったなどのありがたい言葉をいただくこともありますが、ここまで自分でわかりやすく実感できて正直びっくりしてしまっております。

マウスピースは顎関節の和らげをするだけでなく、診断にも使えるんです♪

 

歯科の可能性はまだまだあるなーと考えながら。。

皆様ゆっくりとした休日をお過ごしいただけたらと思います(´∀`*)

 

投稿者: 阿南歯科

インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent 歯医者の選び方2019年