MainImage

2016.04.24更新

こんにちは!勤務医の岡田です。

 

皆さんはタイトルにある言葉をお耳にしたことがありますでしょうか?

EBMは最近の医療業界では当然のように使われている言葉で

「根拠のある医療」という意味です。

科学的根拠があるからこそ自信を持って医療行為をおこなえるわけで、とても大切な軸だと思います。

 

対してNBM

こちらは耳にすることが少なくなってきました。

「物語と対話に基づく医療」を指します。

はて??

ピンときませんよね笑

自分も上手く説明はできないところがありますが

患者さん一人一人には人生の様々な背景があって

同じ虫歯の方でも

甘いものをたべるからなのか、歯磨きを怠ってしまうのか、頑張って歯磨きをしていても正しい磨き方ができていないのかなどなど

それらを理解した上で各々の方法、考え、対応で医療行為に臨むといったようなことです(正確にはもっと細かいと思います)

 

阿南院長は自分が阿南歯科にお世話になりはじめてからこのNBMの重要性を教え続けてくれています。

 

 

 

EBMとNBMを共存させて治療していくことが歯科医としての目指していく場所であり、やるべきことなのかなと私は感じております。

 

少し小難しい話になってしまいましたが、最近毎日5時に目を覚ましてしまいなにかと辛い30代のつぶやきとして捉えてください(^_^)☆

 

 

 

 

 

投稿者: 阿南歯科

インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent 歯医者の選び方2019年