MainImage

2018.02.17更新

こんばんは。Dr.の岡田です。

日々患者さんからよく聞かれるご質問に対してこちらで少しお答えできればと思います。

この記事をよんで少しでも役立てていただければ幸いです。

今回はお子さんを対象とした小児歯科に絞って書かせていただきたいと思います。

 

 

Q.子供が歯ぎしりをするのですが大丈夫でしょうか?

 

A.歯ぎしりは老若男女問わず生じます。

私もひどい歯ぎしりをするようで、夜間用スプリントというものが必須である日々を送っております。

 

お子さんの歯ぎしりについては無理にとめることをしないというのが現在の歯科においていわれていることであります。

男女で多少の差はありますが、成人になる年齢頃まで顎は成長していきます。

その過程においての歯ぎしりは成長を促すものでもあり、無理に止める必要はありません。

 

痛みや顎関節症と呼ばれる顎の以上をきたす場合にはその限りではございませんが、昔言われていた歯ぎしりは良くないことというのは今の歯科では否定されていることでもあります。

 

ご心配な方は当院に受診していただければ、細かく診断させていただきます。

 

 

 

成人以降の歯ぎしりにつきましては…

またの機会にお話できればと思います笑

投稿者: 阿南歯科

インターネットでの診察予約はこちら ブログ ブログ
訪問歯科診療について GuidDent